リハビリテーションとは

リハビリテーションの語源はラテン語で「本来あるべき状態への回復。権利の回復、復権。教会からの破門の取り消し。」等の意味合いがある。

強いて類義語を挙げれば「ルネサンス(再生)」が最も近い用語である。

身体に障害を受けた者などが、再び社会生活に復帰するための、総合的な治療的訓練。 身体的な機能回復訓練のみにとどまらず、精神的、職業的な復帰訓練も含まれる。

理学療法(PT:Physical Therapy)

理学療法とは

何らかの疾病、傷害(スポーツを含む)などに起因する機能・形態障害に対する運動療法による筋力、関節可動域、協調性といった身体機能、および温熱、水、光線、電気などの物理療法による疼痛、循環などの改善を図ります。

福祉用具の選定や住宅改修・環境調整、在宅ケアなども行います。

スタッフ数

33名

業務内容

回復期リハビリテーション病棟のリハを中心に、外来リハ、訪問リハなどを行っています。また、介護保険利用者(大宮フロイデハイム、サポートセンター:通所リハ、通所介護)への個別対応も積極的に行っております。

理学療法

装具療法による早期歩行練習

理学療法

ロボットスーツHALと体重免荷型トレッドミルの併用

作業療法(OT:Occupational Therapy)

作業療法とは

身体または精神に障害のある者、またはそれが予測されるものに対してその主体的な活動の獲得をはかるため、諸機能の回復・維持および開発を促す作業活動を用いてかつ、治療・指導・援助を行うこと。

福祉用具の選定や住宅改修・環境調整、在宅ケアなども行います。

日常活動の諸動作、仕事・遊びなど人間の生活全般に関わる諸活動を作業療法の「作業活動」と呼び、治療や援助もしくは指導の手段としています。

スタッフ数

40名

業務内容

回復期リハビリテーションの入院リハを中心に、外来リハ、などを行っており、他にも、 自助具の提案・作成、福祉用具・機器の提案、あるいは住宅改修の提案及び多職種(ケアマネジャー・建築業者など)と連携し、 ご家庭で安心してすごしていただくために関与します。

理学療法

実際の生活を想定したリハビリテーション

理学療法

ドライブシュミレーターを用いて自動車運転スキル向上

言語聴覚療法(ST:Speech Language Hearing Therapy)

言語聴覚療法とは

言語聴覚士は、ことばによるコミュニケーションに問題がある方、あるいは摂食・嚥下機能に問題がある方に対し、専門的サービスを提供し、自分らしい生活を構築できるよう支援する専門職であり、医療機関、保健・福祉機関、教育機関など幅広い領域で活動しています。

そして、コミュニケーションの面から豊かな生活が送れるよう、ことばや聴こえ、あるいは摂食嚥下に問題をもつ方とその周囲の方々を支援します。

スタッフ数

15名

言語聴覚療法

VF検査を行いて食べる可能性を見出します

言語聴覚療法

1対1での言語練習

訪問リハビリテーション

訪問リハビリテーションとは

病院、診療所または介護老人保健施設の理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が、計画的な医学管理を行っている医師の指示に基づき、利用者の自宅を訪問して、心身の機能の維持回復を図り、日常生活の自立を助けるために、必要なリハビリテーションを行うものです。

スタッフ数

PT:3名  OT:4名  ST:2名

訪問リハビリテーション
 
看護師復職支援
フロイデケアアカデミー
MRI・CT検査共同利用のご案内
総合相談センター
ボランティア募集
介護救急当番
広報誌お元気ですか
法人年報
いばらき総合介護サービス
志村クリニックごぜんやま
特定健診/保健指導
書籍のご案内
くるみんマーク認定
病院機能評価Ver6.0
病院指標
プライバシーマーク
個人情報のお取り扱い
ISO9001:2008認定取得